3児のパパマイラーハワイへの道

2017年9月からマイラーデビュー。3年後に家族5人でハワイ旅行を目指します。

飛行機のトイレがO型じゃない理由は? 都市伝説シリーズ第1弾

こんばんわワイドルフです。

 

今回は都市伝説シリーズ第1弾です。(多分これっきりで終わる)

f:id:YD59:20181021183058j:image

 

 

最近O型の便座って見ないですよね?飛行機でも新幹線でも、ほとんどがU型のはずです。

でもこれには訳があるんです。

最近知ったびっくりした話

 

その背景にはこわーい話が。。。

知っている人もいるとは思いますが

 

1.飛行機のトイレで内臓が抜き出されて死亡

 

あるイギリス人女性がフライト時にトイレをしました。

水を流した瞬間、勢いよく流れたと同時に内臓もろとも吸い出されて死んでしまったそうです。

 

2.原因は

 

その女性はかなりふくよかで、便座を真空状態にできるくらいピッタリとハマっていた様です。

飛行機は流す水の量が少なく、バキューム力が家庭のトレに比べてかなり強いです。

高度何万mかわかりませんが、高ければ高いほどバキューム力強そうですよね。

 

3.それからU型に

 

O型が原因で便座にスッポリはまってしまうと内臓もろとも持っていかれてしまう恐れがあるため

空気の通り道があるU型に変わりました。

これで

安心ですね。

もしO型の便座を利用する機会があったら、必ずお尻を上げてから流してくださいね。

 

4.本当の理由

 

ってそんな訳なくw

衛生上の理由から、公共機関の便座にはU型が多く使われている様です。

男性の下腹部がつかない様に。。。らしいです。

下腹部ががつくくらいのリッパなモノをお持ちの方は国内に何人いるでしょう??

O型便座の利点は。成形しやすい、頑丈、だということです。

 

5.最後に

宇宙船ならありえそう。

ちなみにワイドルフ家は2つともO型便座でした笑

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。